​美容や健康に関するお役立ち情報

自分に必要な成分
探してみませんか?
 
ニキビ
​尋常性座瘡と呼ばれる炎症性皮膚疾患の一つです。主に、おでこや頬、口の周り等、皮膚に生じる発疹で、毛穴の詰まりや皮脂分泌量が原因と言われています。
ビタミンB2は、皮膚や粘膜の機能を正常に維持する働きがあります。
ビタミンB6は、皮膚炎の予防に作用する成分です。
また、ビタミンB群はお互いに作用しあっており、ビタミンB2が正常に働くにはビタミンB6が必要となります。
オススメ成分
ビタミンB2
ビタミンB6
毛穴
鼻などに目立つ毛穴の開きは、過剰な皮脂分泌などが原因とされています。また、そこに黒ずみが目立つのは、角栓や皮脂が毛穴に詰まり、酸化して黒くなってしまうことが原因です。
ビタミンCは、皮脂分泌を抑えます。
皮脂分泌は乾燥が原因とされる為、同時に保湿の出来るヒアルロン酸などでケアしましょう。
また、毛穴の汚れを除去する為に、クレンジングや洗顔を正しく行うことも重要です。
オススメ成分
ビタミンC
ヒアルロン酸
 
 
光老化
​紫外線を浴び続け、蓄積されたダメージによって引き起こされる症状です。表皮細胞を傷つけ、皮膚がんの原因となることもあります。
ビタミンAは、紫外線と活性酸素によってダメージを受けた皮膚細胞の再生を促します。
ビタミンCは、活性酸素を除去する抗酸化物質として作用する栄養成分です。
また、いずれもメラニンの生成を抑制し、コラーゲンの生成を促進する為、肌の状態をサポートする成分でもあります。
ビタミンA
ビタミンC
オススメ成分
シミ
シミは紫外線を浴びることで、表皮がメラニン色素を生成し、沈着してしまうことです。本来、メラニン色素は皮膚の表面からはがれ落ちますが、ターンオーバーのサイクルが乱れることにより、メラニン色素がはがれずそのまま表皮に滞ってしまうのです。
ターンオーバーの乱れは、乾燥によることが主な原因です。
一番表面の角質層を守るセラミドで外部からの刺激を防ぎ、その角質層の内側にある真皮を守るヒアルロン酸で肌のうるおいを与えましょう。
また、ターンオーバーの乱れは紫外線の他に、ストレスや睡眠不足、喫煙などからも生じます。
オススメ成分
セラミド
ヒアルロン酸
 
ほうれい線
肌にほうれい線やシワができる原因は、肌のハリや弾力を支える成分が減少することによります。減少してしまうのは、紫外線によるものや、表情筋の衰えなどが原因とされています。
エラスチンは、ゴムのような弾力性に富んだ繊維系のタンパク質です。多数のコラーゲンをまとめることで、肌の弾力やハリを作り上げます。
また、紫外線の中のUVAと呼ばれる光は、肌の真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸を破壊してしまう為、紫外線対策も必要となります。
​プテロスチルベンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持ち、シワの改善などに役立ちます。
オススメ成分
コラーゲン
エラスチン
プテロスチルベン
 
敏感肌
肌のバリア機能が低下し、外部や内部からの刺激を受けやすい状態です。特に肌が刺激を受ける可能性がある成分は、アルコール、たんぱく由来成分などです。
スクワランは、皮脂の分泌をサポートする成分です。
グリシンは、タンパク質を構築するアミノ酸の一種で、ヒトの体内でも作られる天然の保湿成分です。
化粧品は、パッチテストやアレルギーテストの済んだ製品を選ぶようにしましょう。
オススメ成分
スクワラン
グリシン
 
乾燥とは、皮脂や水分が不足した状態で、肌のつっぱりを感じたり、カサカサしたりする症状がみられます。普段は肌の角質層で水分の蒸発を防いでいますが、この角質層にある角質細胞を繋ぐ力が弱くなると、肌のバリア機能(外部からの刺激や乾燥などを防ぐ機能)が低下し、水分が逃げやすくなってしまいます。
BGは水分を吸収する働きを持ち、化粧品においては幅広く使われております。
セラミドは、肌のバリア機能を正常に働かせるために必要な成分です。
また、肌のバリア機能を保つのに必要なターンオーバーを正常に働かせるにはビタミンB群が必要になる為、不足しないようにする必要もあります。
オススメ成分
BG
セラミド
乾燥
 
抗加齢や抗老化とも呼ばれ、健康的な長寿を目指すことであると言われます。老化の原因は、若さを保つ為に必要な成分を体内で作る力が衰えることや、酸化やストレスなど、様々です。
ビタミンCには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去する力を持っています。
コエンザイムQ10は、ビタミンと同様に抗酸化作用があると同時に、ビタミンを助ける成分でもあります。しかし食品から摂取するとなると、効果を発揮する為に必要な量は膨大になる為、サプリメントから摂るのが好ましいです。
オススメ成分
ビタミンC
コエンザイムQ10
アンチエイジング
 
明るさやツヤが減少し、肌全体のトーンが暗く見える状態です。首よりも顔色が暗かったり、メイクをしても顔色が悪かったりします。くすみの原因は様々で、乾燥や紫外線、血行不良、糖化などが挙げられます。
ビタミンCは、抗酸化作用や美白効果があります。
コウジ酸は、紫外線によって生まれるメラニンが黒くなることを防ぎます。
明るいお肌を目指すには、美白ケアの化粧品を毎日使うことが効果的です。
オススメ成分
ビタミンC
コウジ酸
くすみ
 
髪を作る成分は主にタンパク質・亜鉛・ビタミンB群であり、不足すると髪がパサパサとし、薄毛や髪の生え変わりにも影響します。
髪の毛は「ケラチン」というタンパク質から作られており、亜鉛はそのケラチンを作る為に必要な成分です。
ビタミンB群は、髪の健康を維持するのに必要な成分です。
食生活はタンパク質をしっかりと摂ることが好ましいです。
オススメ成分
亜鉛
ビタミンB群
髪のツヤ・ハリ
 
その他の項目については、随時更新予定です。
​恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。

​CDWライフサイエンス株式会社

大阪府大阪市浪速区湊町1-4-38 近鉄新難波ビル12F

TEL:06-6647-0070  Mail:info@cdw-science.com

Copyright © 2019  CDWライフサイエンス株式会社(CDW Life Sience Limited)  All Rights Reserved. 

CLS  社名ロゴ.png