​美容や健康に関するお役立ち情報

美容情報, 健康情報, 悩み解決, 肌, ダイエット, ストレス, アンチエイジング
自分に必要な成分
探してみませんか?
 
ニキビ
​尋常性座瘡と呼ばれる炎症性皮膚疾患の一つです。主に、おでこや頬、口の周り等、皮膚に生じる発疹で、毛穴の詰まりや皮脂分泌量が原因と言われています。
ビタミンB2は、皮膚や粘膜の機能を正常に維持する働きがあります。
ビタミンB6は、皮膚炎の予防に作用する成分です。
また、ビタミンB群はお互いに作用しあっており、ビタミンB2が正常に働くにはビタミンB6が必要となります。
オススメ成分
ビタミンB2
ビタミンB6
毛穴
鼻などに目立つ毛穴の開きは、過剰な皮脂分泌などが原因とされています。また、そこに黒ずみが目立つのは、角栓や皮脂が毛穴に詰まり、酸化して黒くなってしまうことが原因です。
ビタミンCは、皮脂分泌を抑えます。
皮脂分泌は乾燥が原因とされる為、同時に保湿の出来るヒアルロン酸などでケアしましょう。
また、毛穴の汚れを除去する為に、クレンジングや洗顔を正しく行うことも重要です。
オススメ成分
ビタミンC
ヒアルロン酸
 
 
光老化
​紫外線を浴び続け、蓄積されたダメージによって引き起こされる症状です。表皮細胞を傷つけ、皮膚がんの原因となることもあります。
ビタミンAは、紫外線と活性酸素によってダメージを受けた皮膚細胞の再生を促します。
ビタミンCは、活性酸素を除去する抗酸化物質として作用する栄養成分です。
また、いずれもメラニンの生成を抑制し、コラーゲンの生成を促進する為、肌の状態をサポートする成分でもあります。
ビタミンA
ビタミンC
オススメ成分
シミ
シミは紫外線を浴びることで、表皮がメラニン色素を生成し、沈着してしまうことです。本来、メラニン色素は皮膚の表面からはがれ落ちますが、ターンオーバーのサイクルが乱れることにより、メラニン色素がはがれずそのまま表皮に滞ってしまうのです。
ターンオーバーの乱れは、乾燥によることが主な原因です。
一番表面の角質層を守るセラミドで外部からの刺激を防ぎ、その角質層の内側にある真皮を守るヒアルロン酸で肌のうるおいを与えましょう。
また、ターンオーバーの乱れは紫外線の他に、ストレスや睡眠不足、喫煙などからも生じます。
オススメ成分
セラミド
ヒアルロン酸
 
ほうれい線
肌にほうれい線やシワができる原因は、肌のハリや弾力を支える成分が減少することによります。減少してしまうのは、紫外線によるものや、表情筋の衰えなどが原因とされています。
エラスチンは、ゴムのような弾力性に富んだ繊維系のタンパク質です。多数のコラーゲンをまとめることで、肌の弾力やハリを作り上げます。
また、紫外線の中のUVAと呼ばれる光は、肌の真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸を破壊してしまう為、紫外線対策も必要となります。
​プテロスチルベンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用を持ち、シワの改善などに役立ちます。
オススメ成分
コラーゲン
エラスチン
プテロスチルベン
 
敏感肌
肌のバリア機能が低下し、外部や内部からの刺激を受けやすい状態です。特に肌が刺激を受ける可能性がある成分は、アルコール、たんぱく由来成分などです。
スクワランは、皮脂の分泌をサポートする成分です。
グリシンは、タンパク質を構築するアミノ酸の一種で、ヒトの体内でも作られる天然の保湿成分です。
化粧品は、パッチテストやアレルギーテストの済んだ製品を選ぶようにしましょう。
オススメ成分
スクワラン
グリシン
 
乾燥とは、皮脂や水分が不足した状態で、肌のつっぱりを感じたり、カサカサしたりする症状がみられます。普段は肌の角質層で水分の蒸発を防いでいますが、この角質層にある角質細胞を繋ぐ力が弱くなると、肌のバリア機能(外部からの刺激や乾燥などを防ぐ機能)が低下し、水分が逃げやすくなってしまいます。
BGは水分を吸収する働きを持ち、化粧品においては幅広く使われております。
セラミドは、肌のバリア機能を正常に働かせるために必要な成分です。
また、肌のバリア機能を保つのに必要なターンオーバーを正常に働かせるにはビタミンB群が必要になる為、不足しないようにする必要もあります。
オススメ成分
BG
セラミド
乾燥
 
抗加齢や抗老化とも呼ばれ、健康的な長寿を目指すことであると言われます。老化の原因は、若さを保つ為に必要な成分を体内で作る力が衰えることや、酸化やストレスなど、様々です。
ビタミンCには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去する力を持っています。
コエンザイムQ10は、ビタミンと同様に抗酸化作用があると同時に、ビタミンを助ける成分でもあります。しかし食品から摂取するとなると、効果を発揮する為に必要な量は膨大になる為、サプリメントから摂るのが好ましいです。
オススメ成分
ビタミンC
コエンザイムQ10
アンチエイジング
 
明るさやツヤが減少し、肌全体のトーンが暗く見える状態です。首よりも顔色が暗かったり、メイクをしても顔色が悪かったりします。くすみの原因は様々で、乾燥や紫外線、血行不良、糖化などが挙げられます。
ビタミンCは、抗酸化作用や美白効果があります。
コウジ酸は、紫外線によって生まれるメラニンが黒くなることを防ぎます。
明るいお肌を目指すには、美白ケアの化粧品を毎日使うことが効果的です。
オススメ成分
ビタミンC
コウジ酸
くすみ
 
髪を作る成分は主にタンパク質・亜鉛・ビタミンB群であり、不足すると髪がパサパサとし、薄毛や髪の生え変わりにも影響します。
髪の毛は「ケラチン」というタンパク質から作られており、亜鉛はそのケラチンを作る為に必要な成分です。
ビタミンB群は、髪の健康を維持するのに必要な成分です。
食生活はタンパク質をしっかりと摂ることが好ましいです。
オススメ成分
亜鉛
ビタミンB群
髪のツヤ・ハリ
 
むくみは顔や手足など身体の部位に現れますが、これは皮膚の下に余分な水分が溜まってしまっている状態になります。主な原因は、血液の循環が上手く働かないことや、塩分の摂り過ぎによることです。同じ姿勢を続けることにより血流が低下し、むくみが引き起こされることもあります。
カリウムは塩分の排出を手助けする成分です。
鉄は血液との関係が大きい為、重要になる成分です。
むくみは水分が溜まっている状態ですが、水分を控えてもむくみは解消されません。塩分(ナトリウム)を控えることが好ましいです。
オススメ成分
カリウム
​鉄分
むくみ
 
加齢によってエラスチンが減少したり変性したりすることで、肌のシワやたるみ繋がっていきます。また、バストの下垂を防ぐクーパー靭帯は、年齢と共に弱って伸びてしまいます。
エラスチンは、ゴムのような弾力性に富んだ繊維系のタンパク質です。多数のコラーゲンをまとめることで、肌の弾力やハリを作り上げます。エラスチンを摂取することにより、バストの下垂抑制・リフトアップや、肌弾力の改善も確認されており、美しく年齢を重ねるには必要な成分といえます。
オススメ成分
エラスチン
コラーゲン
バストアップ
 
体脂肪が過剰に蓄積された状態で、代謝性疾患や様々な健康障害を引き起こします。肥満には、内臓脂肪型肥満と、皮下脂肪型肥満の2種類があります。
内蔵脂肪型肥満は、下半身よりもウエストが大きくなり、男性に多くみられます。
皮下脂肪型肥満は、下半身に脂肪がつきやすくなり、女性に多くみられます。
L-カルニチンはアミノ酸の一種で、脂肪酸を運搬する働きを持っています。脂肪酸は細胞内のミトコンドリアへ運ばれ、そこで燃焼してエネルギーに変換されます。
カプサイシンは、脂肪の分解を促す働きがあります。体温が上昇し、代謝が上がることで脂肪が分解されて燃えやすくなります。
オススメ成分
L-カルニチン
カプサイシン
肥満
 
中性脂肪の主な働きは、体内に貯蔵するエネルギー源です。しかし過剰に摂取すると、脂肪肝や肥満、動脈硬化などに繋がる恐れがあります。
カテキンはポリフェノールの一種で、中性脂肪を減らす作用があります。
難消化性デキストリンは食物繊維の一種で、脂肪の吸収を抑制する作用があります。
ただし、中性脂肪が少なすぎると疲れやすくなったり、免疫力の低下を起こしたりする場合もありますので、バランスよく摂る必要があります。
オススメ成分
カテキン
難消化性デキストリン
中性脂肪
 
コレステロールは細胞膜やホルモンの合成をする成分で、LDLコレステロールとHDLコレステロールがあります。LDLは肝臓で作られたコレステロールを全身に行き渡らせる働きがあり、HDLは余分なコレステロールを肝臓へ戻す働きがあります。
LDLが多すぎたりHDLが少なすぎたりすると、血管にコレステロールが溜まってしまい、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。
リコピンは、HDLコレステロールを上げる機能があります。
プロシアニジンは、LDLコレステロールを下げる機能があります。
コレステロールは二種類ある為、自身の管理目標値を知ることが必要です。
オススメ成分
リコピン
プロシアニジン
コレステロール
 
筋肉は「使う」→「壊れる」→「修復する」といったサイクルを繰り返すことにより、強く成長します。その修復をする際に適切な栄養補給をすることで、筋肉増強が効率的になります。
HMBは、アミノ酸であるロイシンの代謝物です。筋肉の生成や修復に欠かせないものです。
ビタミンB6は、タンパク質の合成や分解を促進します。
筋肉だけでなく身体の多くはタンパク質で出来ているので、運動と共にそれらを補うことが健康にも繋がります。
オススメ成分
HMB
ビタミンB6
筋肉
 
健康の為に運動をしている方やアスリートの方は、持久力や筋肉のエネルギーが必要となる運動する際に、コンディションを保つ必要があります。必要な栄養素をバランスよく摂取することが重要と言われます。
クレアチンは筋肉に蓄積され、瞬発力・パワー・スピードのエネルギー源になり、持久力のアップにオススメです。
BCAAとは、三つの分岐鎖アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)のことで、筋肉のエネルギー源として使われます。不足すると、身体はエネルギー不足となると筋肉タンパク質を分解してエネルギーを補ってしまうため、運動前中後の摂取が必要となります。
オススメ成分
クレアチン
BCAA
運動機能
 
紫外線や乾燥等が原因とされています。紫外線に長時間当たると肌のコラーゲンやエラスチンが破壊されて弾力がなくなり、たるみとなります。
皮膚の約70%をコラーゲンが占めていると言われます。
ビタミンCは、体内でコラーゲン生成をする過程で助けをする働きを持っております。
コラーゲンを減少させない為に、紫外線や乾燥には気を付けることも重要です。
オススメ成分
コラーゲン
ビタミンC
たるみ
 
関節痛とは主に変形性関節症と呼ばれる症状で、骨と骨の間にある軟骨がすり減ることで炎症を起こしたり、骨がぶつかったりして痛みが発生します。その原因は、加齢や肥満等が挙げられます。
コンドロイチン硫酸は、生体内でコラーゲンやタンパク質と共に存在し、関節等においては物理的な刺激に対する吸収剤としての働きを持つ成分です。
グルコサミンは、コンドロイチン硫酸の合成や、組織の修復に必要とされる成分です。
オススメ成分
コンドロイチン硫酸
グルコサミン
関節痛
 
骨の密度が低くなり、脆く折れやすくなる病気です。骨折により、寝たきりに繋がります。骨密度は50歳頃から低下していきますが、長年による喫煙やアルコールの多飲といった生活習慣が原因となることもあります。
カルシウムは骨を構成する成分です。骨は古くなると壊れて溶け出し、取り込まれたカルシウムによって新しい骨に置き換わります。
ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進します。
強い骨を保つには、新しい骨の形成だけでなく、運動や適度な日光浴も必要となります。
オススメ成分
カルシウム
ビタミンD
骨粗鬆症
 
眼精疲労は、目に疲れや痛みを感じる状態です。酷い時には症状が続いたり、身体に影響が出たりします。原因は様々で、目の酷使やドライアイ、環境やストレス等があります。
アントシアニンは、目の疲れを回復する他、視力低下の予防にもなる成分です。
ルテインは抗酸化作用を持ち、目に関する様々な病気の対策となる成分です。
ビタミンB1は神経機能を正常に働かせます。
眼精疲労
オススメ成分
アントシアニン
ルテイン
ビタミンB1
 
頭の血管や神経が圧迫されたり、炎症などの刺激を受けたり、筋肉が伸縮したりするなど、刺激を受ける部分が反応することにより、頭痛が発生します。
マグネシウムとビタミンB2には、片頭痛の予防や頻度を減らす効果があると言われます。
その他予防に有効とされる対策として、生活リズムを整えること、正しい食生活をすることなどが挙げられます。
頭痛
オススメ成分
マグネシウム
ビタミンB2
 
大腸の機能が低下し、便を体外に送り出すためのぜん動運動が正常に起こらず、便が滞って便秘に繋がります。
食物繊維は大腸まで達する成分で、腸内環境を整える腸内細菌に作用します。
ビフィズス菌は、腸内にすむ細菌のバランスを整えます。腸内で酢酸を生成し、粘膜を保護することにより悪玉菌から腸内環境を守ります。
便秘
オススメ成分
食物繊維
ビフィズス菌
 
腰痛は、腰回りの筋肉や背骨が損傷や刺激を受ける等することで生じます。
肩こりは、筋肉が硬くなった状態が続くことで、こりや痛みが発生します。
筋肉が緊張して硬くなると血行が悪くなり疲労物質が蓄積される為、血行を促進させることも重要です。
ビタミンB群の中でも、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12は筋肉の疲労を回復する役割があります。
マグネシウムには筋肉の炎症を和らげる効果があります。
腰痛・肩こり
オススメ成分
ビタミンB群
マグネシウム
 
一般的に、1日の排尿回数が8回以上となる場合に頻尿と言われます。暴行の不随意収縮によって、尿意の切迫感を覚えたりします。
男性ホルモンの増加や、女性ホルモンの低下が原因といわれることがあります。
亜鉛は、排泄トラブルの原因となる男性ホルモンの産生を抑えるといわれます。
ビタミンEは、ホルモンバランスを整えます。また、ビタミンCと一緒に摂取することで、相乗効果が得られます。
頻尿
オススメ成分
亜鉛
ビタミンE
 
貧血
血液が体の組織へ十分な酸素量を届けられなくなった状態を指します。 
鉄の摂取量が不足すると、酸素を運搬するヘモグロビンが十分に作られず、貧血に陥りやすくなります。
鉄分は、ヘモグロビンの生成に必要な材料です。
ビタミンCは鉄分の吸収率を高めます。
その他にも、赤血球を生成する葉酸(ビタミンB9)やビタミンB12も重要となります。
オススメ成分
鉄分
ビタミンC
​葉酸
ビタミンB12
 
低血圧
血圧とは、心臓から送り出された血液が血管の内壁を押す力です。この圧力によって、血液が酸素や栄養素を全身の組織へ届けます。
血圧が低下すると、疲れやだるさ、めまいや立ちくらみを感じます。
ビタミンEは、血行を改善させる作用があります。
コエンザイムQ10は、心臓の機能を正常に働かせる為に必要な成分とされます。心臓は血液を全身に送る働きを持つ為、不足すると血液の循環が悪くなってしまいます。
オススメ成分
ビタミンE
コエンザイムQ10
 
ED
神経を伝達して勃起の信号が送られ、陰茎海綿体に血液が流れ込み、膨張して硬くなる働きが、様々な原因により神経と血管の働きが妨げられることにより起きる症状です。原因としては、ホルモンバランスの乱れ等が挙げられます。
ビタミンEは、ホルモンバランスの改善に作用する成分です。
亜鉛は生殖機能を正常に機能させる成分です。ただし、過剰摂取は様々な健康被害に繋がると言われている為、自身の摂取基準を正確に把握することが重要です。
オススメ成分
ビタミンE
亜鉛
 
高血圧
慢性的に血圧の高い状態が続くことです。長引くと心臓や血管に負担がかかり、脳卒中や心筋梗塞、心不全といった重大な病気を引き起こす恐れがあります。
ケルセチンには、血圧を低下させる降圧作用があります。
GABAには、血管を収縮させる神経伝達物質を抑制する作用があり、血管を緩めることに血圧が下がると言われます。
オススメ成分
ケルセチン
GABA
 
高血糖
血液中に余った糖が停滞し、糖の濃度が高い状態です。高血糖になると、糖尿病や他の病気を発症させることもあります。
難消化性デキストリンやサラシノールは、糖の吸収を穏やかにし、急上昇を抑える働きがあると言われます。
また食事において、「食物繊維→たんぱく質→炭水化物」の順に食べることで、血糖値の上昇が緩やかになります。
オススメ成分
難消化性デキストリン
サラシノール
 
月経前症候群
月経の3日から10日程前から起こり、痛みを伴う身体的症状や精神的症状まで出現します。原因には、ホルモンの影響や、神経伝達物質の異常等が挙げられています。
トリプトファンは、神経伝達物質の一つであるセロトニンを作る成分です。セロトニンは感情に関する情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。
オススメ成分
トリプトファン
 
花粉症
花粉を吸いこむことで、くしゃみや鼻詰まり等の症状を引き起こすアレルギー性鼻炎のひとつです。酷い場合には、日常生活に支障をきたすこともあります。
ケルセチンは強い抗酸化力を持ち、花粉症等によるアレルギーの炎症を緩和する働きがあります。
ビタミンCやビタミンEは、アレルギーのもとになるヒスタミンを抑制し、免疫力を高める効果が期待できると言われています。
オススメ成分
ケルセチン
ビタミンC
ビタミンE
 
活性酸素
物質を酸化させる力が非常に強力な酸素のことです。活性酸素が増えすぎると、身体の細胞や組織の酸化が進み、身体機能の衰えや老化現象を起こします。
ビタミンの中でも抗酸化成分を持つ成分はビタミンCとビタミンEです。その他、ポリフェノール(カテキン、アントシアニン等)にも活性酸素を除去する働きがあります。
オススメ成分
ビタミンC
ビタミンE
 
気管支喘息
アレルギー性の炎症によって気道粘膜がむくみ、気管支が狭くなることで痰などの分泌物が増え、呼吸が苦しくなる病気です。アレルギーの予防や悪化させないことが大切になります。
ビタミンDには、免疫機能を調整する役割があります。ミネラルには、免疫機能をサポートする働きがあります。
オススメ成分
ビタミンD
ミネラル
 
感染症
免疫力と抵抗力を上昇させ、強い身体づくりを目指すことが重要です。生活習慣病や糖尿病、肥満、高血圧などの疾患にかからない健康的な状態を保つことも必要となります。
乳酸菌には、腸内環境を改善させて感染症に対する抵抗力を高めます。
ビタミンEには、免疫細胞を活性化させる働きがあります。
オススメ成分
乳酸菌
ビタミンE
 
集中力
集中力を高めるには、脳の働きを活性化させ、情報伝達を活発にすることが重要です。また、貧血によっても集中力の低下を招く為、予防の必要性もあります。
脳のエネルギーは糖質から作られますが、その糖質をエネルギーへ変換するにはビタミンB1が必要となります。
鉄分は、血液の材料となり、貧血の予防になります。
オススメ成分
ビタミンB1
鉄分
 
冷え性
血行不良が主な原因と言われます。血流が悪くなり、毛細血管へ温かい血液が流れなくなることにより、血管が収縮して手足が冷えてしまうのです。
ショウガオールは、血行を改善し、身体を温めます。
鉄分は、赤血球を作る栄養素となり、血流促進の働きをします。血管の収縮を抑制するので、血管の健康保持にも役立ちます。
オススメ成分
ショウガオール
鉄分
 
疲労
筋肉を働かせる力が不足していたり、乳酸のような疲労物質が蓄積していたりすることが主な原因となります。
ビタミンB1は、筋肉の疲労を抑制する働きがあります。不足すると、糖質の代謝がうまく作用せず、疲れやすくなります。
タウリンはアミノ酸の一種で、筋肉の疲労や細胞へのダメージを軽減する作用があります。
オススメ成分
ビタミンB1
タウリン
 
倦怠感
体内の酸素供給量が足りず、肉体的疲労・精神的疲労を感じることがあります。また、栄養バランスの乱れにより引き起こされることもあります。
ビタミンの中でも特にB群は、スタミナ維持や健康維持に関わる成分です。ビタミンB群は激しい運動によっても消費されます。
鉄分は血液の成分であるヘモグロビンを作り、ヘモグロビンは酸素を運ぶはたらきがあります。
オススメ成分
ビタミンB群
鉄分
 
更年期
40歳代以降の男女に関して、性ホルモン分泌量の低下が原因となる様々な体調の不良や情緒不安定などの症状が起こり得ます。
ビタミンEは、ホルモンバランスの改善に作用する成分です。抗酸化作用や、細胞の健康を維持する働きも持ちます。
オススメ成分
ビタミンE
 
ストレス
トレスとは外部からの刺激に対する心身の反応や刺激自体を指します。ストレスから引き起こされる病気は多数あります。特に、血圧を上昇させたり、血液を固まらせやすくしたりすることで、脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こすと考えられます。
テアニンにはリラックス作用があり、ストレスに対して抑制する働きがあるといわれます。
GABAは、精神を安定させる神経伝達物質です。GABAが不足すると、興奮性の神経伝達物質が過剰に分泌され、リラックスの出来ない状態に陥ります。
オススメ成分
テアニン
GABA
 
うつ
気分が落ち込んだり、気力も湧かなかったり、ネガティブな思考が継続したりしているような状態のことです。特に、これらの状態が2週間以上続くとうつ病といわれます。
トリプトファンは、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンという神経伝達物質を作ります。セロトニンは自律神経のバランスを調整する働きがあります。
セントジョーンズワートはメディカルハーブとして扱われ、リラックス効果を期待されます。また、一部の国では医薬品として扱われております。
オススメ成分
トリプトファン
セントジョーンズワート
 
偏食
外食やコンビニ食の増加、ダイエット等で食事の量を減らす、朝食を食べない、好き嫌いが多い等の理由によって、食事の内容や栄養バランスが偏っている可能性が高いです。
ビタミンには、ビタミンA・C・D・E・K・B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンがあります。
ミネラルには、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・亜鉛・銅・マンガンがあります。
どの成分も健康に欠かせないものなので、一日に必要な成分を知り、不足している分をサプリメントで補うことが大切です。
オススメ成分
ビタミン
ミネラル
 
不眠
不眠や睡眠不足は、ストレスや生活習慣の乱れ、入眠前の飲食や環境が原因とされています。また睡眠不足に陥ると、高血圧や糖尿病などの症状が引き起こされることがあります。
睡眠作用を促す成分の代表として「メラトニン」があり、脈拍・体温・血圧などを低下させることで、睡眠の準備が出来たと体が認識し、睡眠に向かわせる作用があります。メラトニンの体内合成には、トリプトファンとビタミンB6が必要となります。
オススメ成分
トリプトファン
ビタミンB6
 
認知症
脳の病気や障害など様々な原因によって認知機能が低下することです。
また、脳にあるアミロイドβやタウといった特殊なタンパク質が蓄積されることで起こることが多いと言われます。
予防としては、脳の健康を維持することが大切です。
レシチンは、脳の機能障害に対する効果が期待されています。
テアニンは、脳神経細胞を保護する作用が認められています。
オススメ成分
レシチン
テアニン